今、最もアツい競技「eスポーツ」!!

eスポーツ業界の職種

eスポーツ業界には多様な職種の人々が集まってきています。その筆頭となるのが、ゲームをプレイして賞金を稼ぐプロゲーマーです。プロゲーマーが参加するeスポーツの大会を運営するスタッフやプロゲーマーの活動をサポートするマネージャー、eスポーツでプレイされるゲームを開発するゲームエンジニアなど、eスポーツ業界に関わることができる職種には様々な専門分野があります。これらの職種に共通するのは、特別な資格や学歴が必須ではないということです。

賞金を稼ぐ【プロゲーマー】

プロゲーマーは、eスポーツで賞金を稼いだりスポンサー収入や関連活動等によって収入を得ています。移籍金が発生したりと、活動全体は一般的なスポーツ選手と同じです。プロゲーマーになるための資格は特にありません。

続きはこちら

大会を企画・運営する【大会スタッフ】

eスポーツ大会のスタッフは、イベントの企画から運営までの一連の流れを取りまとめるのが仕事です。プロゲーマーのようなスキルやノウハウは求められないものの、ゲームに対する関心や基礎知識、戦術についての理解は必要です。

続きはこちら

選手を支える【マネージャー】

eスポーツマネージャーの仕事は、プロゲーマーのマネジメントを行うことです。チームを統括する役割を担っていることから、幅広い知識とスキルが求められます。eスポーツマネージャーになるためには、専門知識や経験が必要です。

続きはこちら

ゲームを生み出す【エンジニア】

eスポーツでプレイされるゲームを開発しているゲームエンジニアは、資格や経験、学歴に関係なく実力次第でチャレンジできる職種です。ただし、基本情報技術者などの資格があると、就職活動において効果的に実力をアピールできます。

続きはこちら